靴下とクリスマス〜オススメの靴下5つ〜

こんにちは。
デビナビ副編集長の長橋です。

世間はもうクリスマス。
みなさんはクリスマスと言えば何を思い浮かべますか? ケーキ? サンタクロース? それとも恋人とデート?

え? 靴下? 

そう、靴下ですよね。
サンタクロースがプレゼントを入れてくれる、あの靴下。
大人になった皆さんはいつのまにか靴下のことを忘れがちになってはいないでしょうか?

こういうヤツ
こういうヤツ

クリスマスといえば、靴下。靴下といえばクリスマス。クリスマスといえば、プレゼント。プレゼントといえば、靴下!
ということで、クリスマスでもクリスマスでなくても
プレゼントすると喜ばれる靴下をご紹介したいと思います。

Ayame’

Ayame’は、デザイナー阿賀岡 恵によって2007年に設立された日本のレッグウェアブランド。
東京とロンドンを拠点に活動しており、海外でも好評価を得ています。

筆者も好んで履いている靴下のひとつで、
履いたときに指先が上手くハマるように足先だけは手作業で作られているんだそう。

メンズもあるよ
メンズもあるよ

http://www.ayame-jp.com/

Happy Socks

カラフルな靴下といえばこのブランド!
スウェーデン発のHappy Socksは、ポップで色味が強い靴下が多く展開されています。

こちらは、メンズ・レディースはもちろんのこと、キッズまでも展開と幅広いバリエーションが魅力です。
比較的価格もお求めやすいので、まとめてのプレゼントも良いかもしれませんね♪

※筆者はタンスを空ければ10足以上のHappy Socksが入っています。

ホームページもカラフル
ホームページもカラフル

http://www.happysocks.com/jp/

poem by rabbit

みて、さわって、はいて、「はきごこち」 を楽しむ靴下。
「窓を覗いてみた」や、「信念を貫いてみた」など、ひとつひとつの靴下に名前があるのが特徴です。

独特の世界観で作り上げられたこの靴下は、ちょっと個性的な女の子にプレゼントすると喜ばれるかもしれません。
※筆者は今まで3回「poem by rabbit」の靴下を女の子にプレゼントしています。(好印象でした!)

カッコいい
カッコいい

http://poembyrabbit.com/

ETCHIRA OTCHIRA

2013年にスタートした新気鋭ブランドの「ETCHIRA OTCHIRA」。
普段見ているようで見落としがちなものをモチーフに、靴下として身にまとうことで、”きになる存在”になるきっかけをくれる靴下というコンセプトのもとにデザインをされています。

コットン100%(摩周湖という特別なコットン)で作られているため、
履きやすく、破れにくい、そして洗いやすいと良いこと尽くめです。

※筆者は先日ショップで一目惚れをして衝動買いしてしまいました。

女の子が大好きな世界観
女の子が大好きな世界観

http://etchiraotchira.web.fc2.com/about.html

SOU・SOU

「SOU・SOU」は、『新しい日本文化の創造』をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し地下足袋や和服、家具等を製作、販売する京都のブランド。
地下足袋とは、足の裏にゴム底がつき、足の指が親指と残りの二股に分かれている作業労働用の足袋のことです。

地下足袋の靴下なので、正確には足袋下といいます。
普段使いにも使えますが、足袋に合わせるのがオススメです♪
足袋下と足袋を一緒にプレゼントしたら、喜んでくれること間違いなし!

※筆者はSOU・SOUの足袋下のみならず、iPhoneケースまでSOU・SOUで揃えています。

個人的には数字柄がオススメ
個人的には数字柄がオススメ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
半ば強引にオススメの靴下をご紹介してしまいましたが、忘れかけていた靴下の存在を思い出してくれたと思います。
靴下なんて毎日履いているから頭に刷り込まれているって? そんな野蛮なことは思わないで下さい。靴下は私たちを寒さや怪我から守ってくれる大切な存在なんですから。

とまあ、筆者の靴下愛はここまでとしまして、
クリスマスプレゼントをもう買ったあなたも、これから買おうというそこのあなたも、ここでご紹介した靴下をプレゼントに添えるとお相手に大変喜ばれるかもしれませんよ。
是非試してみてはいかがでしょうか?

それではみなさん! Happy Chrithmas!!

<この記事を書いた人>

nagahashi150

ライター

長橋諒

Concent編集部で働いています。なんとなく怪しいからって理由だけでよく職質を受けます。靴下のプレゼントお待ちしております。

devil_bnr