脱・「もらったから返す」ホワイトデー! あの子の印象に残るお返し選び

今年も白熱のバレンタインデー合戦が終わり、世の女性は一段落。でも男性は来る3月14日のことを考えるとおちおちしてられないですよね。でも、バレンタインデーと比べるとどこか霞んでしまうホワイトデー。お菓子一つ取っても、キャンディーなのか、マシュマロなのか、クッキーなのか。はたまたアクセサリーやブランド物なのかと、お返しの定番も決まっていないため、頭を悩ませてしまいます。

とはいえ、ホワイトデーのお返しはほかの男性との差をつけるチャンス。今回は、女の子の印象に残りそうな、ちょっと変わったお返し5選をご紹介します。

いつも頑張るあの子に

フリスクケース

「は〜い、完全な義理チョコで〜す」と冗談混じりにチョコレートをくれた同僚の女の子にこちらはいかがでしょう。職場での付き合いも長く、気心の知れている仲だからこそ、送ってあげたい名前入りのフリスクケース(http://item.rakuten.co.jp/adhoc/10001011/)。集中したい時のお友として愛されるフリスク、しかもそのケースが自分の名前入りなら、いつまでも使えそうですよね。

少しセンスが問われる相手に

花火玉飴

おしゃれが好きな女の子や取引先の女性担当者にチョコレートをいただいたなら、「紅白花火玉お菓子 紅白飴」(http://item.rakuten.co.jp/kisara/164-0042-208/)がおすすめ。一見すると打ち上げ花火の玉のような形ですが、玉をパカッと開けると中にはイチゴ味の飴とリンゴ味の飴が。無難に思われがちなキャンディーも、こんな上品な可愛らしさがあれば、きゅんとしてしまうはず。

カロリーに気を遣うあの子に

フ-レスハ-レット

続いては目標に向かってダイエットに励む女の子へのお返しにあげたい「ブレスパレット」(http://www.mj-shop.jp/fs/haircare/c/breathpalette)。なんとこれ、フレーバー付きの歯磨き粉なんです。しかもその数31種類! 「トロピカルパイン」「プラム」「京風抹茶」「ダージリンティ」「はちみつ」などなど、思わず試したくなるフレーバーがずらりと揃います。1、2週間で使い切れるサイズなので、試しやすいのもうれしいですね。

デートへつなげたいあの子に

カタロク-Blue

めでたく気になる女の子からチョコレートをもらえたなら「総合版カタログBlue」 (https://www.sowxp.co.jp/catalogs/1)を要チェック。カタログには、美容や趣味、スポーツ、工芸にまつわるありとあらゆる「体験」が載っており、その中から、好きな物を選んで実際に体験できるというもの。つまりたくさんの選択肢から迷う楽しさや、やってみたかったことにトライする機会をプレゼントできるのです。これは喜んでもらえること間違いなし。

ホワイトデーのお返しであの子の心をつかみたい!

月の土地

本気でそう考える人なら、ちょっとキザなプレゼントに挑戦してみましょう。最後にご紹介するお返しは、なんと「月の土地」(http://www.lunarembassy.jp/white/)。あの月です。今や本当のお月さんの土地がホワイトデー限定でプレゼントできるのです。セット内容にはちゃんと月の土地権利書が付いてくる本格派。きっと相手にとっても人生初のプレゼントとなることでしょう。

いかがでしたか。お返しとは言えど、それは相手に対するプレゼント。楽しみながら選んだものなら、その楽しさは相手にも伝わるはずです。これを機に、プレゼントでコミュニケーションを取るイベントとして、ホワイトデーを過ごしてみてはいかがでしょうか。

[デビナビ編集部]