ブラックバス系男子に告ぐ! 暇なオンナがたらすルアーツイートには要注意

デビナビ読者のみなさま、はじめまして。日本一インターネットで顔写真が使われている男改め、フリー素材界で最もモテる男の大川竜弥です。

本連載では「SNSでモテない男」をテーマに、様々な事例を紹介します。ヤッチマッタ的な私の失敗談も含まれておりますので、反面教師にしていただければ幸いです。

突然ですが、「ルアーツイート」という言葉を知っていますか? 知らないと思います。だって、私が考案した言葉ですから。

okawa2

ルアーツイートとは、暇なオンナがブラックバス系男子を釣るツイートのこと。例えば、「私、今代官山。飲み会まであと2時間なにしよう〜」のようなツイートを指します。2時間予定が空いているのは事実ですが、ひとりで時間を潰すことはできる。でも、誰かにLINEをして断られたら嫌だし、万が一お茶をご馳走してくれる高学歴、高収入なハイスペック男子が釣れたらラッキー! 的な行為です。

私のタイムラインでも、「奇遇だね! オレも今代官山!」とルアーツイートにホイホイ引っかかるブラックバス系男子をよく見かけます。リプライをくれたのがお目当てのハイスペック男子なら見事ヒット。暇なオンナは飲み会までエンジョイタイムをすごすでしょう(2時間あればラブホテルで休憩することもできますし)。しかし、ブラックバス系男子が釣れてしまった場合は、既読スルーならぬリプライスルー。待てど暮らせどTwitterの通知はきません。

okawa_3

なにが問題かといいますと、ツイートのやりとりって人に見られているんですよね。女性はクレバーですから、ルアーツイートに引っかかったブラックバス系男子を見て「アイツ、軽いな」「オンナなら誰でもいいのか」と考察しているのです。

いや、世界中の人が見ているとは言いませんよ。でも、身近な人が見ていることは意識しないといけません。SNSでモテる男はルアーツイートになんて引っかかりませんし、相手が意中の女性であればスマートにDMを送ります。DMを送って、ラブホテルで下半身を突いーとしてからお茶してますよ。

まあ、私も53回ぐらいルアーツイートに釣られてますけどね。

[ライター/大川竜弥]

devil_bnr