過去も今もこれからも、「清潔感」のある男子がモテる! by mazele HAIR 表参道

突然ですが皆さん、“清潔感”について深く意識したことはあるだろうか。
清潔感はモテる男になる為の最重要項目であると考えても良いだろう。“イケメン”や“オシャレ”などよりももっと大事なことである。

「毎日、お風呂に入っているから大丈夫だよ」「服は一度着たら洗濯してますよ」と聞こえてきそうだが、ここでいうモテるポイントとは少し違うのである。
清潔と清潔感、似ているようで実は違うのだ。超変態作と長編大作くらい違うものである。

Twitterにて世の人々がどう思っているのか、『清潔感』で検索をかけてみるとこういった結果がみられた。

第一印象がいかに大事かと考えさせられるタイムライン
第一印象がいかに大事かと考えさせられるタイムライン

じゃあその清潔感っていうヤツはどうやって作るんだ!そう思われたみなさん、まあ焦らないで。
今回は実際にヘアサロンと協力して清潔感を作ってみることに致しましたので、どうぞ参考にしてみてください。

モデルとして協力して頂いたダイスケさんも普段はこんな感じのスタイル。

DSC_2493

施術してくれるヘアサロンは、青山にある「マゼルヘア」。フランス語で「幸せになる」という意味を持つこのヘアサロンは、男性の支持が高い人気ヘアサロンである。

DSC_2568

清潔感溢れる受付だ
清潔感溢れる受付だ

担当するスタイリストは男性客のファンを多く持つトップクリエイターの伊坂氏。まずは軽いヒアリングを行なう。

DSC_2639

「モデルの髪質の特徴としては、やわらかめのくせ毛タイプですね。頭の形は後頭部が若干絶壁型ですが、これは日本人には比較的多く、いたって標準です。ただしこのような絶壁型の人は、後頭部がつぶれやすい傾向にあるので今回はそこに重点を置いてカットしていきます」

DSC_2724

シャンプーでさっぱりした後、濡らしたままのウェットカットに入る。より清潔感を出す為に、バリカンとコームを使用しサイドを刈り上げていく。耳周り、襟足へと丁寧に刈り上げたら後頭部のカットに移ります。

DSC_2791

後頭部は丸いラインを引いていき、下から上に向かって整える。これは「削り出し」という表現が適切かもしれない。伊坂氏ならではの独特のカット技術である。ドライヤーで髪を乾かして微調整をし、次の行程へ。

DSC_2816

トップにボリュームを出すようパーマをかけていく。雲のようなふんわりとしたスタイルになるよう、カットの際トップは長めに残してある。

DSC_2930

DSC_2943

パーマ液を流し終えた後、ドライヤーで全体的に乾かします。ドライヤーはかけ方ひとつでスタイリングの出来が決まってしまうほど、重要な工程だそうだ。斜め45°でつむじから毛流れに沿って風を当てていく。こうすることでキューティクルを逆立てることなく髪本来のツヤを引き出すことができるのだ。

DSC_2971

トップから前方は指を使い、様々な方向から風が当たるよう意識しよう。最後は手でかきあげるように根元を立ち上がらせると良いそうだ。サイドや襟足など、ボリュームを出したくない箇所については、下方向に髪を引っ張りながら風を当てると効果的。

DSC_2981

最後の工程であるスタイリングに入る。
今回使用するのは「DEVILジェルワックス7.0」。程よい動きと軽やかな質感を楽しめるジェルワックスだ。

DSC_3032

スタイリング剤は後頭部から付けていく。前髪側はつけすぎないよう注意しよう。普段自分でスタイリングする際はついつい鏡で見える範囲である前方にばかりつけてしまいがちだからだ。

DSC_3035

サイドはあえてハネさせることで動きを出す。指先でつまむように動きをつけるのがポイント。前髪は分け目を短くとり、立ち上がりやすくしよう。夏場は湿気や額の汗などでベタつくことがあるため、浮かせ気味に作ることも忘れずに。

DSC_3044

こうして、清潔感のある爽やかなスタイルが完成した。
さて、その姿はどうなっているのだろうか?! 

DSC_3117

DSC_3282

DSC_3292

DSC_3235

DSC_3220

DSC_3329

DSC_3339

DSC_3357

さ わ や か ! !

いい匂いがしてきそうなくらい爽やかである。

beforeafter_mazele

「今回のテーマは清潔感ということもあり、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも通用できるような堅すぎず、ラフな印象を目指しました。七三できっちり分けるのではなく、あくまでもモデルさんが持つ本来の毛流れを重視しています。トップのボリュームは押さえ気味にしていることもポイントですね。」

DSC_3386

最後に清潔感についてもう一度おさらいだ。

髪型 <自分に似合う髪型を知ろう> 
■黒髪、出来れば短髪。美容師さんに髪質や骨格を見てもらって、自分にマッチする髪型を教えてもらう。
■スタイリング剤は面倒くさがらずに付けるべし。
■鏡や、電車のガラスに映った自分を気にして微調整し続けないこと(セットは自宅で完成させる)

服装 <TPOに合ったコーディネートをしよう> 
■季節によって服のメインカラーを変える。(夏は白系統、秋はアースカラーなど)
■服装全体をタイトにまとめてシルエットをスッキリさせる。
■極力アクセサリー類は付けない方がベスト。

これでもう、自分に自身を持てる爽やかスタイルが出来上がるはずである。是非とも皆さんにも実践して頂きたい。
清潔感を手に入れてモテたい男子はヘアサロン「マゼルヘア」に行って、モテる男のヘアカットをしてもらおう!

【info】
mazele HAIR
ジャンル:美容室
TEL.03-3409-6104
住所:東京都港区南青山5-5-4 SS南青山part-2 B1
営業時間:平日:11:00~21:00
木曜:13:00~23:00
休日:10:00~19:00
定休日:なし

[ライター/長橋諒 カメラ/横山英雅 モデル/滝島大介]

devil_bnr