日本でも楽しめる! 贅沢キャンプ「グランピング」スポットの魅力

寒い冬は外で遊ぶのが億劫になってしまいますよね。しかし、屋内でのアクティビティばかりというのも味気ない…。そんな人に知って欲しいのが、今回紹介する「グランピング」! 自然を感じながら快適で楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

最近よく耳にするけど、そもそも「グランピング」って何?

th_画像2

近年、注目が集まり、人気急上昇中のアウトドアアクティビティ「グランピング」。よく耳にはするけど、いったい何? という人も多いのではないでしょうか。グランピングとはグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語で欧米を中心にブームが広まった新しいスタイルのキャンプです。

キャンプと聞くと道具の準備など手間がかかるイメージですが、グランピングでは専用の施設を利用するのでテントや道具を準備する必要なし。また、ベッドやエアコン、バスルームや食事が完備された高級ホテルのような豪華なサービスが用意された空間で優雅に自然を楽しむことができます。

 

日本でもグランピング施設が急増中!

海外を中心にブームが広まっているグランピングですが、日本でも気軽にグランピングが体験できる施設が増えてきています。ここからは日本国内でグランピングを楽しむためにチェックしておきたい施設を3つご紹介します!

 

河口湖を眼下に臨むリゾート空間
『星のや富士』

th_画像3

『星のや富士』は、2015年10月に日本初のグランピングリゾートとしてオープンしました。6ヘクタールの広大な森の中に、クラウドテラスをはじめとした大自然と触れ合えるラグジュアリーなリゾート空間が広がります。

th_画像4

同施設の中でも特に注目しておきたいのが、炎を囲みゆったりとした時間が過ごせる“焚き火BAR”。ラウンジの炎は1日中灯されているので、好きな時間に訪れることが可能です。また、昼下がりには甘い香りが漂うティータイム“森のひととき”で、あつあつの焼きリンゴやワッフル、バームクーヘンなどを焚き火であたためてチョコソースをからめていただくスイーツBBQも用意されます。

th_画像5

床暖房もある快適な客室の目の前には河口湖が広がり、春の桜から始まり、新緑、紅葉、真っ白な雪景色と四季折々の風景を楽しむことができます。

th_画像6

食事の時間には豊かな自然の恵みをシェフが目の前でダイナミックに調理してくれます。豪快な盛付けなどグランピングならではの食事も見逃せないポイントのひとつです。

th_画像7

今の時期は焚き火BARをメインに、ランタンの灯りに囲まれたツリーテントの中、暖かい寝袋に入って空一面に広がる星空が楽しめる“星降る森の空中テント”。キャビンテラスで楽しむ燻製BARなど、この時期ならではの自然を楽しむことができます。

この他にも魅力的なイベントやアクティビティが行われているので、詳しくはウェブサイトから確認してみてください。

スポット情報


星のや富士

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408

TEL:050-3786-0066(星のや総合予約)

URL:http://hoshinoya.com/


 

 

ゆったりとした島時間が流れる
『初島アイランドリゾート』

th_画像8

東京駅から新幹線、高速船と乗り継ぎわずか90分で行ける首都圏から最も近い離島にある『初島アイランドリゾート』。都会の喧騒からは想像できないスローな島時間を楽しめる場所として人気のスポットです。

th_画像9

宿泊施設は目の前に初島の海が広がる“テントヴィラ”と海外を彷彿とさせる“トレーラーヴィラ”の2タイプ用意されています。また、どちらの施設も冷暖房完備なので夏でも冬でも快適です。

 

th_画像10

海岸の地下40mから汲み上げた井戸水を利用した露天風呂「海泉浴 島の湯」は、離島に立地する『初島リゾートアイランド』の目玉のひとつ。海が目の前に広がる絶景の中で入る開放的な温泉は至福の時間と言えます。お湯には海水以上の多量のミネラル分が溶け込んでおり、細胞を活性化させ新陳代謝の促進にも。

th_画像11

何百種類もの亜熱帯の植物が生い茂る「アジアンガーデンR-Asia」は、都会では味わえない南国ムードが堪能できます。ハンモックで島の風を感じたり、カフェで島ならではの食事を楽しんだりと、のんびりとした島時間を過ごしてください。

「海泉浴 島の湯」と「アジアンガーデンR-Asia」は、日帰り利用でも楽しむことができます。

スポット情報


初島アイランドリゾート

住所:静岡県熱海市初島

定休日:木曜日(GW、夏季など繁忙期は営業)

TEL:0555-30-4580(PICA予約センター・宿泊用)、0557-67-2151(現地フロント・R-Asiaの問合せなど)

URL:http://www.hatsushima.jp/island/


 

 

浅間山北麓に広がる雄大な自然を生かした
『北軽井沢スウィートグラス』

th_画像12

浅間山北麓に広がる自然をたくさんの人に知ってもらい、100年先の未来まで残したいという思いから誕生した『北軽井沢スウィートグラス』。緑豊かな3万坪の敷地にはツリーハウスをはじめとした多彩な宿泊施設が設置されており、アウトドア初心者からベテランまで楽しめるキャンプ場です。

th_画像13

こちらは広々としたデッキでくつろぐことができる「ファイヤーサイドコテージ」。ダイニングに備えられた薪ストーブで料理することもできます。テラスにはファイヤービットを用意。薪のはぜる音に耳を傾けながら過ごす穏やかな時間は格別です。

th_画像14

多彩な宿泊施設の中でも大人数で訪れたいという人たちにオススメなのが「コテージ トントゥの庭」です。緑が美しい庭と一体化したようなリビングから眺める景色は日々の生活に疲れた心に安らぎを与えてくれます。ロフトにはハンモックやネットが設置されており、随所に遊び心が散りばめられています。

th_th_画像15

今の時期は、満月の夜に鹿の群れが踊りだすといわれる「鹿の踊り場」を目指す冬山トレッキングガイドツアー「あさまスノー天国 アスパラ」も行っています。銀色に輝く浅間高原を一望する絶景の大パノラマは一度見たら忘れられません。『北軽井沢スウィートグラス』に宿泊した人は割引価格で受けられるとのこと。

冬のアクティビティも充実しているので、夏に訪れるのとは一味違った雰囲気が楽しめます。

スポット情報


北軽井沢スウィートグラス

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579

TEL:0279-84-2512

URL:http://sweetgrass.jp/


いかがでしたか?日々の忙しさを忘れさせてくれる雄大な自然たちに囲まれて過ごす時間は言葉には表せないほど優雅な時間になるはず。

道具などの面倒な準備の必要もなく、季節問わず誰でも気軽に楽しめるのでアウトドア初心者にもおすすめです。