人気アウトドアショップで聞いた“野外フェスを楽しむための基本コーデ”

音楽好きにとっては待ちに待った夏フェスの季節。サマーソニックやフジロックなど日本各地で開かれる大型野外フェスの詳細も発表され、いよいよシーズン本格突入の兆し。

夏の野外フェスは、山の中や郊外の大きな公園が会場となることが多く、大自然との調和がキーワードになってきます。夏の野外フェスを120%楽しむためには、しっかりと基本装備を整えて挑むことが大切です。

そこで人気アウトドアショップ「L-Breath新宿店」に協力してもらい、野外フェスを楽しむための基本装備を教えてもらいました。

th_画像2

野外フェスの基本コーデを教えてくれるのはキャンプフロア担当の青木さん。アイテム別に選ぶポイントを教えていただきました。

 

フェス装備、選ぶならここに注目!

———野外フェス装備を選ぶなら何を重視したらいいですか?

青木:野外フェスは都会と違って自然の中で行なわれるので、天候など急な自然環境の変化にも対応出来るようにしておくことが大切です。おしゃれだからというだけでなく、機能面が充実したものを選ぶのがポイントですね。しっかりと準備すれば、いざという時でも慌てずに済むので、よりフェスを満喫できると思います。

———では早速、アイテム別に選ぶポイントを教えていただけますか?

青木: まずは、アウターから紹介していきますね。

th_画像3
「ARC’TERYX(アークテリクス)」Beta SL Jacket ¥42,000(税抜)

青木:アウターは防寒具だけでなく雨具としても使えるように防水仕様のアイテムを選んでください。さらに、脇の下のベンチレーションなど通気が自分で調節出来るタイプであれば、着たまま動いていても熱がこもらないので快適な着用感が得られます。

———アウターは、防水仕様で通気性の良いものですね。Tシャツの選ぶポイントはありますか?

th_画像4
「Bonfire(ボンファイアー)」GRAPHIC TEE ¥3,600(税抜)

青木:速乾性に優れたアイテムであれば汗や雨で濡れてもすぐ乾くので不快感も少ないですよ。またTシャツは他アイテムに比べて、予備を準備しやすいのでデザインを重視して選んでもいいかもですね。

———パンツはどうしたらいいですか?

th_画像5
「Phenix(フェニックス)」CULAC KNICKER BOCKER ¥12,000(税抜)

青木:パンツはやはり動きやすいものに限りますね。ショーツにレギンスが一番楽なのですが、丈の長いパンツを穿くのであればストレッチが効いたタイプがおすすめです。こちらのアイテムであればストレッチが効いていて、膝が曲がりやすいのでハードな動きにも対応してくれます。

———なるほどパンツはストレッチが効いているものが良いのですね。シューズはどんなのがおすすめですか?

th_画像6
「TEVA(テバ)」HURRICANE XLT ¥7,300(税抜)

青木:トレッキングブーツも良いのですが、夏であればサンダルの方がおすすめです。いくら通気性の良いシューズでも夏場は蒸れてしまうので、サンダルの方が快適に履けると思います。ソックスとのコーディネートが楽しめるだけでなく、雨などで濡れた場合に裸足で履けるというのもサンダルをおすすめするポイントのひとつです。

———確かに、シューズだと濡れてしまったら大変ですもんね。他に揃えておきたい装備はありますか?

青木:絶対に揃えておきたいのは帽子ですね。

th_画像7
「Grace(グレース)」ペインターキャップ ¥4,600(税抜)

青木:夏は熱中症の危険もあるので帽子は持っていくことをおすすめします。選ぶなら雨が降ってもいいように防水素材を使用したアイテムが良いと思います。また、女の子はツバが広いタイプを選べば日焼け防止にもつながりますよ。

青木:ウェア類はこれら5点が基本装備になります。

th_画像1

青木:当日は財布やスマホなど必要最低限の荷物を入れるフェス会場用のボディバッグがあると便利です。体にしっかりとフィットするタイプで小さいサイズ感のものが使いやすいですよ。また、自転車用に展開されている2本のストラップで固定するタイプは踊っていてもズレないのでおすすめです。

———確かにフェス会場で大きいバッグは邪魔になってしまいますからね。最後に女性向けにコーディネートを提案していただいてもよろしいですか?

青木:こういった着こなしはいかがでしょうか?

th_画像8

———着こなしのポイントを教えてください。

青木:今回は子供っぽくなりすぎないようにまとめてみました。フェス装備ということもあり地味になりすぎないようにインナーやパンツ、メガネで遊びを取り入れ、バッグや帽子は黒で締めました。こういった着こなしであれば大人の女性でも抵抗なく着こなせるのではないでしょうか

———アイテムの選び方から着こなし方まで紹介していただきました。青木さんありがとうございました。

 

また最近では、防虫効果を備えたアイテムも徐々に増えているそうなので、うまく活用すればより快適にフェスを楽しめるとのことです。しっかりと準備を整えて楽しい時間を過ごしてください。

th_画像9

今回お邪魔したフロアでは、テントや寝袋などキャンプに必要なグッズを取り扱っています。日帰りでなくキャンプをして泊りがけでフェスを楽しみたい人は、スタッフさんに相談してみください。

 

取材協力


L-Breath 新宿店

住所:東京都新宿区新宿4-1-11

営業時間:11:00〜21:00(平日・土曜)、11:00〜20:30(日曜・祝日)

TEL:03-3354-8951

URL:http://www.victoria.co.jp/l-breath/