キレイな見た目を取り戻せ! 正しいスニーカーのメンテナンスを指南

昨年から、引き続き爆発的な人気を誇るスニーカー。男女問わず毎日スニーカーしか履かないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、毎日履いているとどうしても汚れが目立ってきてしまいます。オシャレなスニーカーを履いていても汚れていては魅力半減。

今回は、自宅でも簡単にできるスニーカーのメンテナンス方法を紹介します! みなさんも実践してキレイなスニーカーでおしゃれを楽しんでください。

 

汚れたスニーカーのメンテナンス 〜キャンバススニーカー編〜

定番のキャンバススニーカーのメンテナンス方法を紹介していきます。用意するのは下記10個のアイテム。

th_画像2

①キャンバス用のブラシ ②キャンバス用の消しゴム

③メラミンスポンジ   ④歯ブラシ

⑤バケツ        ⑥衣料用の中性洗剤

⑦重曹         ⑧タオル

⑨新聞紙        ⑩防水スプレー

 

【Step.1】シューレースを外す
th_画像3

この時インソールが外せる場合は、インソールも外してください。

 

【Step.2】洗う前の下準備

th_画像4

次に、キャンバス用のブラシやキャンバス用の消しゴムを使って、スニーカー全体の埃や汚れを軽く落としていきます。

下準備をしておくことで、次の水洗いが楽になりますよ。インソールの先には埃が溜まりやすいので、歯ブラシを使って入念に埃を落としてください。

 

【Step.3】スニーカーを洗う

th_画像5

バケツにぬるま湯を入れ、中性洗剤を溶かします。そこに汚れたスニーカーを入れて歯ブラシで汚れをかき出していきます。

汚れがひどい部分は入念にこすってください。力を入れすぎると生地を傷めてしまうのでほどほどに。同じようにインソールも歯ブラシでこすって汚れを落としていきます。

th_画像6

ラバー部分はメラミンスポンジでこすってあげれば簡単に汚れを落とすことができます。

th_画像7

シューレースは歯ブラシでこすると痛んでしまうので優しく揉み洗いをしてください。

th_画像8

最後にすすいで洗剤を落としていきます。この時しっかりと洗剤をすすいで落としておかないと、残った洗剤が黄ばみの原因になるので4〜5回水を入れ替えてすすぐのがおすすめです。

 

【Step.4】におい防止のために重曹水に浸す

th_画像9

汗やホコリなどによる匂いを防止するために、重曹を溶かしたぬるま湯に30分くらい浸します。

30分くらいたったら先ほどと同様に水を入れ替えてすすいでください。洗剤水と違い2〜3回くらい水を替えてあげればOK。

 

【Step.5】水気を切って風通しの良いところで陰干し

th_画像10

最後にタオルでしっかりと水気を切り、新聞紙を詰めて乾かしていきます。

th_画像11

日光に直接当てると黄ばんでしまうこともあるのでつま先を上にして風通しの良いところで陰干しをしてください。

 

【Step.6】防水スプレーで汚れ予防

th_画像12

乾いたらスニーカー全体に防水スプレーをかけてあげれば終了です。防水スプレーをかけておけば、汚れてしまっても染み込む前にタオルなどでこすってあげれば汚れが簡単に落ちます。1回こすると防水スプレーが取れてしまうので再度スプレーすることを忘れずに。

 

汚れたスニーカーのメンテナンス 〜スエードスニーカー編〜

次に紹介するのがスエード素材のスニーカーのメンテナンス。用意するのは下記3つのアイテム。

th_画像13

①スエード用のブラシ ②スエード用の消しゴムorスエード用のクリーナー

③防水・栄養スプレー

 

【Step.1】シューレースを外す

th_画像14

キャンバススニーカー同様にシューレースを外します。インソールも取り出せる場合は取り出します。

 

【Step.2】表面の汚れを落とす

th_画像15

スエード表面についた汚れやほこりをブラシで落としていきます。スエード部分を起毛するように様々な方向からブラッシングしてください。

 

【Step.3】汚れがひどいところは消しゴム

th_画像16

ブラッシングで落ちない汚れにはスエード用の消しゴムを使用します。汚れをぼかすように軽くこすって汚れを落としてください。力を入れて強くこすると傷めてしまうので注意が必要です。

 

【Step.4】消しカスを取り除く

th_画像17

汚れが落ちたら消しゴムのカスをブラッシングで取り除いていきます。消しカスを落としながらスエードの毛並みを整えておくとよりキレイに仕上がります。

 

【Step.4】仕上げに栄養スプレー

th_画像18

消しカスを取り除き終えたら、仕上げにスエード用の栄養スプレーを吹きかけます。栄養効果のほか、防水効果も備えたスプレーがオススメです。スプレーが乾いたのを確認してから着用してください。

キャンバスとスエードのスニーカーのメンテナンスを紹介しました。また、レザー素材のスニーカーは、ぬるま湯でぬらした柔らかい布を硬く絞り、汚れを落としてあげてください。それでも落ちない場合は、レザー用のクリーナーを使用してください。

 

どのスニーカーも自宅に帰ってきたら軽くブラッシングしてあげるだけでキレイな状態を長くキープできます。これからの季節は特にシューズ内に湿気が溜まりやすいので乾燥剤を入れるのも効果的ですよ。