世界一周1000人カット! “旅人美容師”桑原淳さんがつくる世界のヘアアレンジ・後編

世界を旅しながら、これまで1000人以上のヘアカットをしたという“旅人美容師” 桑原淳さんを、あなたはご存知ですか?
世界各国の文化を見てきた桑原淳さんに、旅の思い出を語っていただきながら、その国ならではのヘアスタイルを、今回は特別に日本風にアレンジしていただきました!その様子を動画とともに前編・後編に渡ってお届けします。

前編では、韓国・スペイン・インドを旅した時のエピソードと、男性のヘアスタイルをイメージしたアレンジをしていただきました。

>>前編はこちら<<

後編では、女性のヘアアレンジを披露していただきます。それぞれどんなヘアスタイルなのでしょうか?また、どんな思い出を聞かせてもらえるのでしょうか。

では早速、はじめていただきましょう!

 

1ヶ国目『ボリビア』

3_icon
まずは、あのウユニ塩湖で有名な国「ボリビア」です。

02

——ボリビアといえば、やはり『ウユ二塩湖』のイメージが強いのですが。

桑原さん(以下、桑):僕も、ボリビアに行った際、ウユニ塩湖でヘアカットをしました。その時の様子は、世界一周後に出版した本の表紙にもなっています。
ボリビアは、民族の数が世界一多い国なので、さまざまな血が混じった人々、さまざまな文化が入り混じった国なんです。今回は、ボリビアの原住民である「インディヘナ」風のヘアスタイルを作っていきたいと思います。

03

——『インディヘナ』……初めて聞きました! どのようなヘアスタイルなのですか?

:インディヘナの女性は、三つ編みをするのが当たり前となっていて、三つ編みの長さは背中の真ん中くらいまであります。日本の女性のアレンジだと、前髪をつくって、ラフに崩したゆるい三つ編みを作るスタイルが流行っていますよね。しかしボリビアでは、編みこむための前髪はなく、きつく編まれた三つ編みが特徴です。

04

——インディヘナの人々は、みんな三つ編みをしているのですか?

:そうです。髪を染める習慣がなくみんな黒髪で、三つ編みをしていて、頭には小さな帽子をのせています。ヘアスタイルだけでなく民族衣装もお揃いなんですよ。
肩に羽織っている風呂敷にジャガイモなどの食材を入れているのですが、それに子供を入れている人を見たときにはさすがに驚きました。

05

——その黒いひもは何ですか?

:現地では、三つ編みの先にタッセルのような髪飾りをつけるんです。今回は僕が手作りしたこの飾りで代用します。
桑原さんお手製の髪飾りを付け、帽子をかぶればボリビアの原住民インディヘナ風アレンジの完成です!
【桑原流・ボリビア風ヘアアレンジ】

BA_bolivia

:今回は、メイクで濃い色味の肌をつくっています。日本人のように肌を白く見せているボリビア人はいないので、こうすることで、よりインディヘナの髪型が似合うようになるんです。

白い肌、ゆるめのアレンジが流行っていますが、こんがり肌もきつめに編まれた三つ編みも新鮮で可愛いかもしれません。

 
 
 

2ヶ国目『ブラジル』

2_icon

2ヶ国目は、日本の反対側にある国「ブラジル」です。

07

——ブラジルへはどのようなきっかけで行かれたんですか?

:当時パラグアイにいたんですが、ふと思いついてバスに乗り込み、ブラジルへ向かいました。
リオデジャネイロの街を一望できる『コルコバードの丘』の上で、髪を切ったことが思い出深いです。

08

——ブラジルというと治安があまり良くないイメージがあるのですが、怖い思いはされなかったですか?

:確かに治安の悪い場所もありますが、僕は、かなり気をつけていたおかげか危険な目には遭いませんでしたね。
ブラジル人は身体を鍛えるのが好きなので、外でトレーニングをしているカップルがたくさんいたりして、予想していたよりも街は和やかな雰囲気でした。

 

09

——ブラジルの女性はどのようなヘアスタイルなのですか?イメージだとドレッドのような……

:そうですよね。ブラジル=編みこみをしているといったイメージがあるもしれませんが、実際はストレートヘアの人が多いんですよ。というのも、ブラジルの人は髪のクセが非常に強いため、絡まりを防ぐためにストレートにしているんです。実際カットをしてみると、髪がからまってしまい、くしを通すのも一苦労でした。

10

——そんなお話を伺っている中、髪を丸めてアルミホイルで巻いて……今回はどのような髪型になるのでしょうか?

:今回は、ブラジルの女性のような強くカールした癖っ毛をイメージして、アレンジしています。アルミホイルの上からヘアアイロンで挟むことで、コテやロッドで作るカールよりも、より細かいカールを作ることができるんです。

11かなりキツメのカールに仕上がり、少し不安そうな表情を浮かべるモデルさん

12そんなグリングリンのカールにムース(ロレッタ パウダームウ)(http://www.loretta-jp.com/muu/)をなじませ、髪全体の形を整えれば、ブラジル風ヘアアレンジの完成です!

【桑原流・ブラジル風ヘアアレンジ】

BA_brazil

:ブラジルも、ボリビア同様に前髪を作っている女性はいないため、かきあげたアレンジにしました。最近では、『アナと雪の女王』のエルサを真似た編みこみヘアも流行りましたが、やはりこのようなクセっ毛スタイルが一番ブラジル人っぽいですね。

 

前髪をかきあげてぐっと色っぽい印象になりましたね! まるで同じ人物とは思えないほどイメージが変わりました。

 
 
 

3ヶ国目『トルコ』

1_icon
さて、最後は、西洋と東洋の文化が交わる国「トルコ」です。

14

——トルコの旅にはどんな思い出がありますか?

:僕と同じように髪を切りながら旅をしているニュージーランド人がいたんですが、その人とは、SNS上のみでの付き合いでした。それが、僕がちょうど世界一周をしていた時に、偶然クリスマスの日に出会い、ブルーモスクの前で髪を切ってあげたことはいい思い出です。

15

——「クリスマスの日に偶然」……ドラマのような展開ですね!

:運命を感じるような話ですが、トルコでは宗教上の理由で、クリスマスをお祝いすることができないので、クリスマスムードは全くありませんでしたよ。おまけにトルコはお酒に厳しいので、外で飲むことができず、お酒好きの僕は少し困りました(笑)

16
前編に引き続き、やはりお酒の話が止まらない桑原さん

——トルコの女性のヘアスタイルはどのような感じなのですか?

:トルコの女性は宗教上の理由で、目元以外を布で隠している人も多く、ヘアスタイルはあって無いようなものなんです。布の下には水泳帽のようなものを被って、髪をしまっています。今回は、その様子をイメージして、まとめ髪アレンジをつくりました。

17

——宗教上のルールがあると、現地の人とのコミュニケーションも難しそうですが、いかがでしたか?

:トルコは親日の国なので、少し日本語を話せるという人もいて、みんな親切に接してくれましたよ。それに、トルコ語は日本語と文法が同じなので、単語さえ覚えられればコミュニケーションをとることができるんです。そんな理由もあってか、旅行中の日本人女性は現地の男性から話しかけられることも多いようです。僕も、トルコに嫁いだ日本人女性に出会うことが多く、結婚のきっかけは旅行時のナンパがほとんどでした。
日本人女性はトルコに行けばモテモテかもしれませんよ!(笑)

——なんだか急激にトルコに行ってみたくなりました!(笑)

 

そんなトルコの女性がかぶる水泳帽のようなものをイメージし、三つ編みをつくってまとめたアレンジがこちら!

【桑原流・トルコ風ヘアアレンジ】

BA_turkey

:やはりトルコの女性も、前髪はありませんが、日本人らしくあえて前髪を残してアレンジしてみました。

日本人女性特有のぱっつん前髪があることで、コンパクトなまとめ髪でも可愛らしい印象になりますね。このアレンジは、浴衣などにも似合いそうです。

今回は、ボリビア・ブラジル・トルコのお話を聞かせていただきましたが、いかがでしたか?

前編でご紹介した男性よりも、女性のほうが国によるヘアスタイルの違いが大きいような気がしますね。宗教上の理由などで女性の髪型が決められている国もあるなかで、日本は自由にヘアアレンジを楽しむことができ、渋谷や原宿が流行の発信地と呼ばれる理由もわかった気がします。
 

ご協力いただいた桑原淳さん、モデルのたがはらえみさん、ありがとうございました!
最後は、トルコ風のアレンジにオリエンタルな雰囲気の布を巻いた写真でお別れしたいと思います。

19

ホシュチャカル〜(トルコ語でさようなら)

取材協力
Up To You
住所:東京都杉並区高円寺北2-19-11
営業時間:AM11:00〜PM07:00(時間外の受付も可)
定休日:不定休
TEL:080-9278-4328
URL: http://uptoyou.hippy.jp/
[取材・執筆・撮影/Concent モデル/たがはらえみ]