【2016年版】都内で食べられる話題の激ウマクールなかき氷店を厳選紹介!

いよいよ夏本番! 近年、様々なスイーツがメディアで取り上げられ、人気を集めていますが、この時期に食べたくなるスイーツといえば「かき氷」ではないでしょうか?

特に、最近のかき氷は”冷たいもの”というよりも、スイーツとしてしっかりウマい店が多く、海外発のお店なども展開され、見た目なども趣向を凝らしたかき氷がだんだんと増えてきています。

今回は、暑い中、長蛇の列に並んででも食べたい! 2016年の夏を彩る、都内で話題の絶品かき氷店をご紹介します。

 

かき氷工房 雪菓(せっか)【巣鴨】

th_画像2

まず紹介するのは”おばあちゃんたちの原宿”と称される巣鴨にあるかき氷専門店「かき氷工房 雪菓」。富士山の天然氷を使用した、ふわっとした食感は一度食べたら病みつきに、季節を問わず多くの人が訪れるとのことです。

使用しているシロップはすべて自家製。いちごやメロンなどのフルーツシロップも生のフルーツをそのまま加工してシロップにしているので、他にはないフレッシュな風味が楽しめます。定番の他、限定メニューなど、豊富なライナップも魅力のひとつです。

th_画像3
生いちごミルク ¥800(税込)

雪菓で人気No.1のメニューがこちらの「生いちごミルク」。氷全体に練乳をふんだんにかけ、二層目に角切りのいちごとフレッシュいちごシロップを内包しています。さらに大きめのピッチャーにフレッシュいちごシロップが付属しているので、上からかけることで練乳といちごのハーモーニーがより一層楽しめます。

th_画像4
ティラミス ¥850(税込) ※平日限定

山盛りに盛られた氷のトップにはマスカルポーネクリームのシロップにココアパウダーが。中は苦めのコーヒーゼリーとコーヒークリームが入った3層構造で、マスカルポーネクリームとココアパウダーの濃厚な味わいにコーヒーの苦味が見事にマッチしています。

 

【info】


かき氷工房 雪菓

住所:東京都豊島区巣鴨3-37-6

営業時間:11:00〜17:00(火〜金)

10:00〜17:00(土日)

定休日:月曜日

TEL:03-5980-9891

URL:http://www.atelier-sekka.com/


 

SULBING HARAJUKU(ソルビン ハラジュク)【原宿】

th_画像5

今年6月に日本初上陸を果たした韓国発のコリアンデザートカフェ。2013年に韓国の釜山で1号店をオープンし、若者を中心に爆発的な人気を記録。韓国におけるかき氷ブームの火付け役となったお店です。

2014年には、1年間で最も消費者のニーズに応え、ヒット商品を生み出したブランドとして韓国ブランド大賞を受賞。現在では韓国国内に約500店舗を展開しています。

同店のソルビン(雪氷)は、口に入れた瞬間にすっと溶けてしまうふんわりとしたパウダースノーのようなミルクかき氷。頭がキーンとしないため、夏だけでなく冬でも食べたくなるかき氷です。

th_画像6
きな粉餅ソルビン ¥850(税込)

本国の韓国で1日に何百杯も売りあげるソルビン人気No.1のメニュー。ふわふわのミルクかき氷の上に香ばしいきな粉とモチモチのきな粉餅、パリパリのローストアーモンドをトッピング。ミルクの程よい甘さにきな粉とアーモンドの香ばしさ、カリカリの食感がクセになります!

th_画像7
黒ごま小豆ソルビン ¥1,000(税込)

ミルクかき氷に小豆やきな粉、黒ゴマやきな粉餅など韓国の伝統食材をふんだんに盛り込んだメニューです。小豆の甘さをきな粉と黒ゴマの香ばしさがさらに引き立ててくれます。

 

【info】


SULBING HARAJUKU(ソルビン ハラジュク)

住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 グリーンオーク原宿2F

営業時間:11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)

TEL:03-6721-0404

URL:www.sulbing-japan.com


 

KAKIGORI CAFE&BAR yelo(かき氷カフェ&バー イエロ)【六本木】

th_画像8

「KAKIGORI CAFE&BAR yelo」は、“ライトでヘルシーなのに、どんなお菓子にも負けない満足感を  ”をコンセプトにオープンしたかき氷専門のカフェ&バー。早朝まで営業しており、店内ではかき氷のほかお酒を飲むこともできます。

良質の純氷をきめ細かくフンワリと削り出したかき氷は、心地良い口溶けが楽しめます。 また、バラエティ豊かな手作りシロップは、果物や野菜など素材それぞれの風味を素直に楽しめる味わい。

同店の特徴であるミルクをベースにした特製ソースは、ミルク本来の優しい甘みを引き出すために毎朝お店で仕込んでおり、軽くてフレッシュな口あたり。

創業150年の老舗和菓子屋「柴又 い志い」のあずきや香川県の伝統的なあられ菓子おいり、 ヨーグルトやマスカルポーネチーズでアレンジしたソースなど他にはないオリジナリティ溢れるトッピングも見逃せません。

th_画像9
キャラメル ¥900(税込)

少しほろ苦さを感じる生キャラメルをたっぷりと使用したシロップをかけたメニュー。ふんわりとした食感で、中までシロップがかかっているのでキャラメルの風味が口いっぱいに広がります。

th_画像10
パステルズ ¥950(税込)

山盛りのかき氷にローズとバニラで紅白カラーにあしらい、仕上げに「則包商店製」の香川の伝統和菓子おいりを降らせたパステルズ。かき氷とあられの食感が新鮮です。ポップな色合いで見た目にも楽しい1品です。

 

【info】


KAKIGORI CAFE&BAR yelo(かき氷カフェ&バー イエロ)

住所:東京都港区六本木5-2-11 パティオ六本木1F

営業時間:11:00~翌朝5:00(日曜は23:00まで)、夏季は10:00オープン

TEL:03-3423-2121

URL:http://yelo.jp/


 

TORAYA CAFÉ・AN STAND(トラヤカフェ・あんスタンド)【新宿】

画像11

“あんペーストのある生活を”をコンセプトに、老舗和菓子屋「とらや」がつくった「トラヤカフェ・あんスタンド」。新宿駅にできた新商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」にオープンし、和と洋の素材を使った斬新なメニューが話題に! 中でもジャム感覚で使えるおしゃれな瓶に入ったあんペーストは人気が高い

th_画像12
あんペーストかき氷 黒糖 ¥648円(税込)

西表島の黒糖を使ったシンプルな蜜に、同じ黒糖を使ったあんペースト(こしあん)をトッピング。黒糖の風味を思う存分に楽しむことができます。同メニューに練乳をかけたメニューも展開。

th_画像13
あんペーストかき氷 抹茶 ¥702円(税込)

シロップには京都の抹茶を贅沢に使って渋みを残した抹茶蜜を使用しています。小豆の食感を楽しめる、あんペースト(小倉あん)と相性が良く、抹茶の渋みとあんペーストの甘さが絶妙です。同メニューに練乳をかけたメニューも展開。

 

【info】


TORAYA CAFÉ・AN STAND(トラヤカフェ・あんスタンド)

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan新宿 2階

営業時間:9:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

TEL:03-6273-1073

URL:https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/


 

ICE MONSTER(アイスモンスター)【表参道】

th_画像14

昨年、日本初上陸した台湾発のかき氷専門店「ICE MONSTER」。世界のベストスイーツTOP10にも選ばれるなど世界的に注目を集めているお店です。

フルーツやコーヒー、紅茶など素材そのままの味を再現した氷のフレーバーアイスブロックが特徴。味付けされた氷を削ると、きめ細かく折り重なった絹のような見た目で、濃厚な味わいながら口に含むと雪のようにふわりと溶ける新食感のかき氷が楽しめます。

th_画像15
杏仁かき氷(日本限定) ¥1,200(税込)

定番メニューの中でも日本限定で展開されている杏仁かき氷。杏仁の独特な香りとほんのり甘い味わいを詰め込んだフレーバーアイスブロックを削り、ライチ、黒ごまアイス、ブラウンシュガーゼリーをトッピングし、上からはたっぷりの練乳が。ふわふわの食感がクセになること間違いなし!

 

th_画像16
メロンかき氷 ¥1,400(税込)

こちらは8月末までの夏季限定メニュー。ジューシーで香り豊かなメロンのフレーバーかき氷に濃厚なココナッツアイスとパンナコッタ、メロンの果肉を贅沢に盛り付けられています。味、見た目とも夏らしい爽やかな仕上がりです。

 

【info】


ICE MONSTER OMOTESANNDO(アイスモンスター 表参道)

住所:東京都渋谷区神宮前6-3-7

営業時間:11:00〜21:00(ラストオーダー 20:30)、夏季のみ10:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

TEL:03-6427-4100

URL:http://ice-monster.co.jp/


 

夏の涼感スイーツを代表するかき氷。都内で食べられる今話題のお店を集めてみました!

今回紹介したメニューの他にも、お店では、様々なメニューが展開されているので今夏、話題のお店をコンプリートしてみてはいかがでしょう。