軽快な足元を演出する! 名門ブランドのデッキシューズ

夏のおしゃれな着こなし、皆さんは足元にどんなシューズを取り入れていますか? ブームの再来で人気の高いスニーカーやトレンドのスポーツサンダルもいいですが、夏のシューズとして見逃せないのがデッキシューズです!

デッキシューズといえば、すっきりとしたシルエットが軽快な印象を与えながらもどこかクラシックな雰囲気を漂わせる夏の定番シューズのひとつ。スニーカーやスポーツサンダルとは違ったスタイルが楽しめるので、夏のオシャレを謳歌するために、1足は持っておきたいアイテムです。

そこで今回は、実力派ブランドの名作デッキシューズをご紹介していきます。

 

デッキシューズの特徴はアウトソール!

th_画像2

デッキシューズは、別名ボートシューズとも呼ばれ、ヨットやボートなど船の甲板(デッキ)の上で滑らないように作られているシューズです。

最大の特徴はアウトソールのデザイン。濡れた甲板でも高いグリップ力を発揮できるように、柔らかい素材を使用し、底には特殊な溝が施されています。

また、アッパーに使われる素材は、速乾性の高いキャンバスや撥水性のあるオイルドレザーなどが一般的です。

次に、デッキシューズを買うならチェックしておきたい名門ブランドの名作シューズをご紹介します。

 

 

オシャレ上級者からも多くの支持を集めるフランスの名門「Paraboot(パラブーツ)」

設立当初から変わらない伝統的な製法を守り続け、150以上もの製造工程を手作業で行っているフランスの名門ブランド。機能性や堅牢性に優れ、多くのファッショニスタからも多くの人気を集めています。世界で唯一、ラバーソールを自社で製造しているというのも「パラブーツ」の特徴

th_画像3
BARTH(バース) ¥27,000(税抜)

「バース」は、フランス海軍のオフィシャルシューズとしても採用されているブランドを代表する1足。

ソールには濡れたデッキでも滑りにくく、音も出にくいオリジナルのソールを使用しています。モカシン縫いの構造が足を優しく包み込み、端正な見た目が大人の足元を演出してくれます。

th_画像4
BARTH(バース) ¥27,000(税抜)

クリーンな足元を強調したいならオールホワイトの「バース」も見逃せません。

ソールからシューレースに至るまでホワイトで統一された爽やかなボディからサイドにあしらったグリーンのピスネームがさりげなく主張してくれます。素材にはレザーを使用しているので高級感のある上質なルックス。

 

【info】


Paraboot青山店(パラブーツ青山店)

TEL:03-5766-6688

URL:http://jp.paraboot.com/


 

 

アメリカを代表するマリンシューズ「SEBAGO(セバゴ)」

1946年にアメリカ・メイン州で誕生した「セバゴ」。ローファーやデッキシューズを得意とし、創業以来ハンドメイドにこだわり、耐久性に優れ、上質で快適な靴づくりを続けています。80年代にはセ−リングのスポンサーとして積極的に活動を行い、アメリカを代表するマリンシューズブランドとして不動の地位を獲得しました。

th_画像5
DOCKSIDES®(ドックサイド) ¥20,000(税抜)

こちらは1970年代にリリースされた、ブランドを代表するモデル「ドックサイド」。快適性や耐久性、船上での安全な歩行を追求したぴったりと足を包む手縫いのモカシン構造で履き心地は抜群。

海水などで腐食しないようにアイレットには真鍮性を採用しています。素材の上質感が際立つ洗練されたデザインの1足です。

th_画像6
SPINNAKER(スピンネーカー) ¥20,000(税抜)

ドックサイドと並んでブランドを代表するモデル「スピンネーカー」。手縫いのモカシン構造など基本的な作りは変わらないのですが、こちらはコンビネーションカラーを採用し、より軽快感のあるデザインに仕上げています。

カジュアル過ぎず、かしこまり過ぎずの絶妙なバランス感が魅力です。

 

【info】


ワイエスインターナショナル

TEL:03-6418-9339

URL:http://sebago.jp/


 

 

190年以上もの歴史を誇るイギリスの老舗「Clarks(クラークス)」

1825年に創業されたイギリスの老舗シューズブランドの「クラークス」。印象的でユニークなデザインを追求し、 英国の伝統的工芸と革新的テクノロジーをうまく融合させた上質なフットウェアを作り続けています。

ブランドのアイコンであるワラビーやデザートブーツに注目しがちですが、この時期はデッキシューズも見逃せないアイテムのひとつです。

th_画像7
Trimocc Edge(トライモックエッジ) ¥17,000(税抜)

足の形状に合わせ、3つの切れ込みが入った、分離するソールが足の自然なカーブと動きを促す「クラークス」独自の仕様、Trigenic Outsoleを併せもった1足。アッパーにはヌバックレザーを使用しており、マッシュルームカラーが上品で落ち着いた雰囲気を演出してくれます。ソールに用いたExtalightは超軽量で衝撃吸収性に優れ、快適な履き心地を提供してくれます。

th_画像8
Trimocc Edge(トライモックエッジ) ¥17,000(税抜)

クールなカラーが欲しいという人にはセージカラーのスエードレザーを使用したこちらがおすすめです。ヌバックレザーに比べ、素材感がより際立ち足元のアクセントとしても活躍してくれます。もちろん、ソールなどの基本構造は変わらないので履き心地も抜群です。

 

【info】


クラークスジャパン

TEL:03-4510-2009

URL:www.clarks.co.jp


 

 

モダンで機能的なシューズを展開する「ROCKPORT(ロックポート)」

「ロックポート」は、1971年にアメリカ・ボストンで生まれたレザーシューズブランドです。

“Powered by ROCKPORT(昼も夜も、週末も。自分らしく、思いのままに。)”をコンセプトに最新コンフォートテクノロジーを融合し、スタイルも履き心地も妥協しないモダンでハイブリッドなシューズを展開しています。

th_画像9
WEEKEND RETREAT 3-EYE BOAT(ウィークエンド リトリート3 アイ ボート) ¥15,500(税抜)

「ロックポート」のデッキシューズでおすすめしたいのがこちらの1足。

EVA フットベッドが柔らかく、衝撃を吸収する独自のクッション材や優れたグリップ力のアウトソールなど、非常に快適な仕上がりです。また、洗濯機で丸洗いできるので、汚れを気にせずにガシガシと愛用できます。

th_画像10
WEEKEND RETREAT 3-EYE BOAT(ウィークエンド リトリート3 アイ ボート) ¥15,500(税抜)

より清涼感のある足元を演出したいという人は、白をベースにしたこちらのカラーリングがおすすめです。

部分的に青や赤を差し込んで、トリコロールカラーを表現し、クリーンで上品なスタイルに仕上げています。

 

【info】


ロックポート アディダスグループお客様窓口

TEL:0570-033-033

URL:www.rockport.jp


 

 

デッキシューズのオリジン「Sperry Top-Sider(スペリートップサイダー)」

「スペリートップサイダー」は、1935年に世界初のデッキシューズブランドとして誕生しました。デッキシューズの特徴でもある溝の入った滑りにくいソールを開発したのも同ブランドです。「スペリートップサイダー」のデッキシューズは、オーセンティックなデザインで、素材やカラーバリエーションなど豊富なラインナップもポイントです。

th_画像11
SEAMATE(シーメイト) ¥6,800(税抜)

トレンドに左右されないオーソドックスなデザインが人気のブランドを代表する定番モデル。

これまでよりもシャープなラストを採用しているのですっきりとしたコーディネートが楽しめます。もちろんソールには特徴的な波型の溝があしらわれたスペリーソールを採用しているので機能性も抜群です。

th_画像12
SEAMATE(シーメイト) ¥6,800(税抜)

こちらはアッパーに白とネイビーのコンビネーションカラーを採用。キャンバスの軽快な質感とマッチして足元をより爽やかに演出してくれます。すっきりとした仕上がりなのでマリンスタイルはもちろん、トラッドな着こなしにも最適です。

 

【info】


SPERRY TOP-SIDER

TEL:03-3476-5438

URL:http://www.sperrytopsider-japan.com/


 

 

この夏デッキシューズを狙うなら、チェックしておきたい5ブランドの名作デッキシューズ。レザー素材であれば高級感や大人っぽさ、キャンバス素材であれば軽快な雰囲気を演出してくれます。

普段のスタイルやどのような足元を演出したいかを考えてお気に入りの1足を見つけてみてください!