生活にグリーンを!これから始めるボタニカルライフ

おしゃれインテリアとして注目を集めるグリーン(観葉植物)。取り入れることで部屋をおしゃれに演出してくれるだけでなく、リラックス効果にも期待できます。

とはいえ、初心者がグリーンを取り入れようと思っても何を選んだらいいのかわからないし、育て方ってどうするの?っと疑問が沸きますよね。

th_画像2

そこで、東京都品川区武蔵小山にあるインテリアショップ「TRANSHIP(トランシップ)」さんに協力していただき、初心者でも扱いやすく育てやすいグリーンの紹介と育て方のコツを教えていただきました。

th_画像3

ここ「トランシップ」では、グリーンだけでなくアンティークや家具、雑貨、ジュエリーなど幅広いアイテムを扱っており、グリーンやポット(鉢)はアンティークの雰囲気に合うようなアイテムがセレクトされています。

さらに、販売だけでなくガーデニングの提案、家具のリペア、お部屋のデザインやリノベーション、空間コーディネートも行っていて、それぞれの分野に精通した専門家に相談できるというのも「トランシップ」の特徴です。

th_画像4

まずは、初心者がグリーンを選ぶポイントや育て方のコツなどをグリーンプランナーの松田さんに伺ってみました。

 

 

初心者向けグリーンの選び方と育て方

松田初心者の方がグリーンを選ぶ上で気にして頂きたい事は、自分の生活スタイルや部屋の環境に合う植物かどうか、という点です。そこを意識して植物 を選べば、比較的初心者の方でも安心して育てることができますよ。

あとは見た目が好みなものを購入するのも大事なポイントですね。毎日見るものなので、雰囲気や葉っぱが好きな感じの植物だと愛着が持てて、お世話も楽しくなります。購入する際は店員さんに相談してみてください。

th_画像5
「TRANSHIP(トランシップ)」で取り扱っているグリーンは初心者でも育てやすく、色々な環境に合う多様な植物を基準にセレクトしているそうです。

松田育てる際は風通しと日当たりの良いところにおいて、水やりも土の表面を見て乾いていたら水をたっぷりやるのがポイントです。

元気が良くないからと言って土の表面が乾いていないのに水をやってしまうと根腐れしてしまいます。失敗の原因で最も多いのが水やりなので、水やりにメリハリをつけてあげるのが重要。

もし、風通しや日当たりの面で植物にあまり良くない場所に置くのであれば、様子をしっかり見て、その場所に置きっぱなしにせず移動するなど工夫 が必要ですね

 

初心者がグリーンを選ぶなら育てやすさを重視して、育てる際は水やり、日当たり、風通し、この3つに注意するのが枯れさせないコツだそうです。

 

 

初心者にもおすすめのグリーン5選

初心者にも育てやすいグリーンはどれなのかを松田さんに聞いてみました。どれも育てやすく、見た目も楽しめるものばかりなのでインテリアとしてもぴったりです。早速紹介していただきましょう。

th_画像6
ザミア 各¥1,900(税抜) ※ポットは別売り

松田まず紹介するのはソテツの一種であるザミアです。日当たりを好むので、明るい場所であれば初心者でも育てやすいと思います。サイズ感や見た目的に可愛いですし、同じザミアでも葉っぱの形がいろいろあるのでそれぞれの違いを楽しんでみてください。

th_画像7
シェフレラ・レナータ ¥1,000(税抜) ※ポットは別売り

松田こちらは、シェフレラのレナータという品種です。シェフレラ自体は昔からあるグリーンで非常に丈夫で水やりを多少忘れても葉っぱが多少落ちるくらいで茎自体はすぐには枯れないので初心者でも育てやすいんです。こちらのレナータという品種は葉の先が分かれているのが特長です。葉っぱの色が薄い斑入り(ふいり)仕様なのでインテリアとしても目を引きますよ。

th_画像8
フィカスベンガレンシス ¥4,200(税抜) ※ポットは別売り

松田あとは、ゴムの木の一種であるフィカスベンガレンシスもおすすめです。ゴムの木は明るい環境が好ましいのですが、この品種は日陰も多少耐えることができるのでゴムの木の中では育てやすいと思います。幹が白っぽく、葉っぱがマットな質感でキュッとしているので見た目にも可愛らしいです。

th_画像9
ユーホルビア各種 左:グランディアラタ ¥2,300(税抜)、中:ウェベルパルウェリ ¥2,500(税抜)、右デビリスピナ ¥1,900(税抜) ※ポットは別売り

松田多肉植物が欲しいという人にはユーホルビアをおすすめしています。多肉植物は屋外の日当たりのいいところで育てるのが理想的ですが、このユーホルビアという品種は屋内でも育てやすいです。ユーホルビアの中でも種類によって見た目もガラッと変わるので個性的なグリーンが欲しいという人にもおすすめですよ。

th_画像10
リプサリス・エリプティフカ ¥4,400(税抜) ※ポットは別売り

松田最後に紹介するのがリプサリス・エリプティフカです。こちらはサボテンなので、非常に乾燥に強いんです。また、普通のサボテンは水をやりすぎるとすぐに根腐れしてしまうのですが、これはジャングルなどに生息する森林性のサボテンなので暖かい季節は多少水が多くても根腐れしないので安心して育てることができますよ。

 

以上5つのグリーンをおすすめしてもらいました。「トランシップ」では大きいものから小さい物まで種類も幅広く、初心者でも育てやすいグリーンを専門家が丁寧に教えてくれます。ポットも他にはないような個性的なデザインのものが揃っているので、グリーンとのコーディネートが楽しくなるはずです。

 

 

【取材協力】


TRANSHIP(トランシップ)

住所:東京都品川区小山3-11-2

営業時間:11:00〜19:00

定休日:水曜日

TEL:03-6421-6055

URL:http://www.tranship.jp/green/