大人の魅力のつくりかた by Un ami 表参道

大人の男のかっこよさ

選挙権もあるし、お酒を飲んでも平気な“大人”だが、まだまだ子どもに見られることも多い20代。
筆者も25歳というどっちつかずな年齢で、「まだまだ若いね」なんて言われることもしばしばあります。

もちろん、若いっていうのを売りにしてもいいのだが、大人の男の魅力も欲しいわけです。
なよなよしている草食系男子よりも渋い男らしさを持っている人のほうがモテるとマツコデラックスさんもテレビ番組で言っていた。
では大人の男は普段どのようにして自分の魅力を引き出しているのか。
今回はモデルのヒロアキさんにご協力して頂き取材してきました!

デビルシリーズといっしょに
デビルシリーズといっしょに

ヘアモデルとして協力してくれたのはヒロアキさん。
カッコいい大人は日頃からヘアサロンに行って髪型を整えなければならないのだ。

サングラスはミラーレンズで
サングラスはミラーレンズで

施術を行うのは表参道にあるサロン「アンアミ」。
担当するスタイリストは多くの男性ファンを持つトップスタイリストのブチさん。

DSC_4695

女性ファンを多く持つサロンだが、ブチさんはとりわけ男性のお客様から人気が高い。まさにモテる男を作るスペシャリスト。
ヒロアキさんの特徴としては、頭の形はハチが張っていて日本人に多い標準的な形だ。ただ、彼の場合は髪が非常にやわらかい、いわゆるねこっ毛であり、クセ毛でもあるためトップのボリュームが出しにくいのだという。

男らしく腕組み
男らしく腕組み

シャンプー後、髪が濡れた状態のウェットカットに入っていく。
まずはえり足部分からカットしていくが、今回はあまり短くしすぎず、少し残しめに切る。

DSC_4748

DSC_4751

その後、サイドを丁寧に刈り上げていく。この時も、えり足同様あまり短くしすぎず、少し長さを残すようにするのだという。このバランスが非常に大事で、若い印象になりすぎることなく大人な横顔を演出できるのだ。

DSC_4760

DSC_4767

大人+お茶=Fantastic!
大人+お茶=Fantastic!

カットの次は全体的にボリュームが出るようにパーマをかけていきます。
トップの長い部分は「レンガ巻き」といってレンガのように巻く位置をずらして巻いていく。これで自然なパーマスタイルを作れるんだそう。

DSC_4794

DSC_4811

この時、パーマをすべて内巻きにすると全体がまるいフォルムになってしまう。そのため、顔周りやえり足などのアウトラインは外ハネにすることでメリハリをつけ、オトナの遊び心を見せることがとても重要。

DSC_4816

すべて巻き終えたらプラスチックの板のようなものをロッドと輪ゴムの間に挟ませていく。最後にタオルとラップを巻いてスチームを当て、パーマ液の浸透を促す。

DSC_4825

コロコロ
コロコロ

パーマ液を流した後は、ドライヤーで乾かしていく。トップから順に根元をしっかり乾かしていこう。

毛先は乾きやすく、風をあてすぎるとパサついてしまうので注意が必要だ。髪が細いタイプの人は、パーマ後のドライヤーの風によってパーマが伸びてしまいがちなので弱い風を近くから当てるようにして乾かし、できるだけパーマが伸びてしまわないように気をつけよう。

DSC_4890

仕上げにスタイリングを行っていく。
今回は「DEVILジェルワックス10.0」を使用。弾力のある質感でセットのしやすいジェルワックスだ。

DSC_4908

スタイリング剤をつける際は500円玉位の量を手に取り、えりあしから順に下から上へ揉みこむようなイメージ。

DSC_4913

両サイドは耳にかけるようにして抑えつけておくとボリュームが抑えられ、メリハリを出すことができるそうだ。

ハンドパワー!
ハンドパワー!

耳上から後頭部にかけてのラインは外にハネさせて動きを意識しよう。なるべくスタイリング剤はバランス良く均等に付けることを忘れずに。

DSC_4930

さてこうしているうちに施術が完了したみたいだ。
「アンアミ」のブチさんが手がけた渋い大人のモテスタイル!その全貌をご覧いただこう。

DSC_4973

DSC_4956

DSC_5095

DSC_5028

DSC_5044

DSC_5127

DSC_5134

DSC_5058

DSC_5086

これは……。
渋い!まさにダンディー、まさに紳士、まさにクール!!!

「今回のコンセプトは“ちょっとやんちゃな大人クラウドマッシュ”です。大人の清潔感を漂わせつつも、男前! な部分をしっかりと見せられます。ポイントとしてまとまりよりも、全体に動きをつけることで遊び心をプラスしました。今回のクラウドマッシュはビジネスシーンではもちろん、前髪を下ろすとよりラフな休日仕様にイメージチェンジできますよ!」

DSC_5179

結果、渋いだけでは大人の男としては成り立たないのである。
“男”としてのワイルド感も出しつつ、弾けるキュートな“笑顔”を振りまき、少年時代の“やんちゃ”さを取り入れることで老若男女のハートをぐっと掴む。
まさにモテる男の黄金比! 

こりゃあ自分が40代になった時が楽しみでしょうがなくなりました。
だって知ってしまったんですもの、魅力ある大人の男になる方法。
しかしどんなことでも予行演習が大事!
今のうちからヘアサロン「アンアミ」に行って、モテる男のヘアカットをしてもらおう!!

[ライター/長橋諒 カメラ/横山英雅 モデル/谷岸祐章]

devil_bnr